食堂黒猫ブログ

沖縄県首里にありますメルボルンカフェ「食堂黒猫」のブログです。新メニューのこと、プロダクトのこと、日々の思いを綴っていきます。

Chef's Special 第4弾は、夏でも涼しく食べられる『ミスジ』のローストビーフです。

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170814004419j:plain

こんにちは。食堂黒猫です。
8月、まだまだ暑いですが、皆さま、食欲は落ちていませんか?
そんな時は、8月11日にスタートしている「Chef's Special」
第4弾を召し上がってみては!


スタミナがついて、食べやすい肉料理は
編み出せないものか…?が出発点でした。

食いしん坊の私も食が細くなるこの季節。
冷たいシーフードの創作冷麺をお届けしつつ、
次のシェフズスペシャルに思いを馳せていると
浮かんで来たのは、
「スタミナをつけられて、この季節でも食べやすい肉料理」。

スタミナ料理といえば濃い味の、がっと強火で炒めたお肉やステーキ、
焼肉などが思い浮かんだりしますが
より繊細な仕立ての美しい一皿を表現したいな、と
どんどん思いを掘り下げていきました。


やっぱりこの季節、涼やかな口当たりのものは、
より食が進むはず。
それぞれの食材を冷温調理することでメリハリを演出したい。
そして、ツルンとした口当たりや自然の甘さ。

オイルやバターではない濃厚さや、モッタリ感も兼ね揃えた
理想の味を思い浮かべながら
そのイメージとぴったり寄り添う食材をピックアップ。
調理法や仕立てに趣向を凝らして、一皿に!と
イメージは膨らみます。

 

今回のメインは、ベルベットの舌触りと柔らかさの
『ミスジ』でいきます。

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170814004517j:plain

メインは、赤身に程よい「さし」の入った、
ビーフの『ミスジ』をチョイスしました。
これがまた、赤身だけのお肉よりも「お肉を食べてるなあ!」と
グッとくる食べ応えを感じられる部位。
そのミスジを使って、
ユニークなローストビーフをご用意します。

 

様々なスパイスと調味料の組み合わせで試作し、
いくつかの美味しい組み合わせとの出会いがありました。
そのうち、今回のイメージにぴったりだった一皿は、
フェンネルシードとマスタードシードをすり込み、
ほんの少しウィスキーを隠し味に効かせて仕立てたもの。

お肉の甘さが引き立ち、口当たりは爽やか。
最後にウィスキーの独特な香りとコクが鼻を抜けて。
うん、こういう上品さを加えたかったのです♪を実現できました!

f:id:KuronekoOkinawa:20170814004459j:plain

低温をキープしながらじっくり火入れしていますので、
脂っこさがなく、舌触りもベルベッドのような、繊細な仕上がりに。
これを常温に近い、ほのかにひんやりな状態でお出しします。

 

ビーツをスペシャリティーコーヒーで
包んでローストしたら…あら美味しい!

付け合わせは
深い味わいが魅力の貴重な有機ビーツを、
夫クリスが焙煎する
スペシャリティーコーヒー(!)を利用して調理します。

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170814004640j:plain


このコーヒーで「塩釜」のようにビーツを包み込み、
じっくりローストしてみました。
ツルンとした口当たりでいくらでも食べられるビーツに
焙煎されたコーヒーの持つ香ばしさやほろ苦さが加わり、
ナッツのような不思議な風味も染み込んで、
シンプルながらも複雑で綺麗な味わいを体験いただけるはずです。

ビーツは美味しいだけでなく、
むくみ解消や疲労回復、腸を整えてくれたりする
凄腕野菜であることも
うれしいポイントですよね。

そんな愛情たっぷりビーツに、ほっくりなレンコン、
カボチャのハニーロースト、りんごのピクルスを合わせて
根菜の冷温コンビをご用意。
その上には、パリパリで甘いモロヘイヤの素揚げ。
一皿にそれぞれ食感の違うアプローチで、
お野菜の楽しさを、あらためて感じていただければ♡

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170814004920j:plain


ナチュラルゴートチーズを塗って
お野菜を召し上がってみてください。

さらに上の野菜たちと「何と組み合わせる?」を追求した結果、
ナチュラルゴートチーズ(ヤギのチーズ)と食べなくちゃ!
という結論になりました。

そしてあちこち探し回り、
納得のいく品質のナチュラルゴートチーズを
仕入れることができました。
本当にうれしい…!

メルボルンではマーケットで様々なチーズを量り売りしていて
チーズメイカーも多く、幅広いチーズを食す事ができます。
勤めていたお店でも、
料理にフレッシュチーズを取り入れる事は多かったです。

ナチュラルゴートチーズは独特ですが、
ぜひ体感していただきたいチーズの一つ。
特有の苦味と渋み!  初めて口にした時は衝撃でした。 

『苦味』や『渋み』って美味しいって感じれるものが沢山あるんです。
例えばコーヒーの中の酸味など、
美味しい『成分』って沢山存在しています。
チーズもいろんな味わいが複雑に絡み合い、
美しい味わいのアートがあります。
この一皿で、チーズ大好きな私にとっての、
黄金の組み合わせができたと思っています。

最後はハーブを効かせたブラックレモンライス、
白インゲンのピューレを添えて、召し上がれ!

f:id:KuronekoOkinawa:20170814005127j:plain

新Chef's Specialは
スパイスとウィスキーが織り成す上品な涼しい仕立てのローストビーフや
あっと驚く珈琲ロースト⁉︎のビーツからなるお料理。
おかげさまで、すでに体感いただいたお客さまからも
よき反応をいただいております。

夏ならではの『洗練された組み合わせの、ここにしかない一皿』を
あなたも味わいに、いらっしゃいませんか。

 

 

<営業日とご予約についてお知らせ>

 

営業日:金、土、日、月曜日の週4日

営業時間:9:00am-5:00pm(L.O4:00pm)

予約TEL:050-1300-3853

 

※ご予約可能人数は3名様〜となります。

※大変申し訳ございませんが、お返事のタイムラグを避けるため、

お電話のみの予約とさせていただきます。

Facebookからの予約は承ることができませんのでご注意くださいませ。

※通常通り 金、土、日、月曜日の営業。ラストオーダーは16時となっております。

 

※14席のみの小さなお店です。ご予約のないご来店の際、お席のご用意が

難しい場合がございます。まことに恐れ入りますが、団体さまでのご利用に

つきましては、事前予約を頂戴できると幸いです。

 

お願いが多くなり、本当に申し訳ございません!

私たちが提供いたします食体験を、ご来店いただく皆様に

笑顔で味わっていただきたく、ご理解を賜れますようお願い申し上げます。

 

 

 

自家製品レシピVOL.1  メルボルンブレッキー

 

 


朝食・ブランチを充実させる文化のあるオーストラリアで、
デゥッカは 「1日のスタートを元気にきれる」 スパイスとして愛用されています。
いつものお野菜やパンに一振りして、魅力的な朝食タイムを。

 

材料
卵…4個
アボカド…1個
パン…2枚
デゥッカ…大さじ3
お酢…1/2カップ
水(沸騰させる)…1ℓ

作り方

① 一度沸騰したお湯に1/2カップのお酢を 加え、
沸騰寸前の、気泡がふつふつと出て いる状態で卵をゆっくり割り入れ、
ポーチドエッグを作る。

f:id:KuronekoOkinawa:20170808222838j:plain

 

② パンをスライスしてトースト。野菜を カットする。
f:id:KuronekoOkinawa:20170808222845j:plain


③アボカド、トースト、ポーチドエッグの順 でお皿に盛り、最後にデゥッカをかける。

f:id:KuronekoOkinawa:20170808222850j:plain

 

ONE POINT

きれいなポーチドエッグを作るには、必ず新鮮な卵を使います。
卵を入れるときは、円を描き水面に卵を近づけた 状態から、
ゆっくりと加えると丸くきれいにできます。
また、パンはハードパンが、半熟卵とちょうどよくからむので おすすめ。
きのこやほうれん草を添えて召し上がっても美味しいです。


※自家製品は食堂黒猫店頭にて販売しております。
※自家製品をお買い上げのお客様に、これらの食堂黒猫オリジナルレシピ
(↓こちらです!) をご覧いただけるレシピブックを差し上げております。

                               f:id:KuronekoOkinawa:20170808231656p:plain

 

 

 

自家製品の使い勝手が「伝わる」ツールと、新ブレンドコーヒー「MI・KE」について

f:id:KuronekoOkinawa:20170702221119p:plain

 

 

こんにちは。

沖縄県首里にあります、「食堂黒猫」です。

 

本日は、皆さまに2つのニュースがあります。
盛りだくさんですが、どうぞお付き合いください!

 

その1

『プロダクト(自家製品)のレシピ動画・ブック作成中です‼︎ 』

 

その2

『食堂黒猫のブレンドコーヒー第一弾、完成しました!』

 

 

まずはその1

 

『プロダクト(自家製品)のレシピ動画・ブック作成中です‼︎ 』

 

食堂黒猫の自家製品の販売がささやかながら始まったのは2年ほど前。

ありがたいことに、

『 SOUVENIR & CRAFT OKINAWA』という超スタイリッシュな本や

その他のメディアにも、少しずつ取り上げていただきました。

それが後押しとなり、徐々に「自家製品を旅のお土産に」

「我が家の今日の晩ごはんに」など、県内外のお客さまに親しんで

いただけるようになってまいりました。

 

その間ずっと強く感じ続けていた思いを、

とうとう実現させます!

 

 

「自家製品をもっとわかりやすく・取り入れやすく!」
のツールづくりが動き出しました

 

「食材も工程もあなた流のまま。

いつもの料理のどこかのタイミングで、パパッと加えていただくだけで

ガラリと違う一皿になります!」

というコンセプトの自家製品が生まれて、はや2年。

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170702220500j:plain

 

その間ずっと、お店で直接、自家製品のおもしろさや

美味しさ、そしてなにより、

ご自宅でどれだけ魅力的、かつ簡単に大活躍してくれるか、を

地道に伝え続けてきました。

 

 

「たくさん食材を買い込んで作り置きをしたり

(その時間、家族との時間にしてほしい…)

手の込んだ料理に挑戦してみたり

(続かないですよね…)

それでもマンネリ化してくる日々の料理のバラエティーを

簡単に増やせたら」

 

当たり前・でも大きな食事という行為。

日々できるかぎりシンプルな手間で

豊かにする事に、自家製品という形で貢献したいと

強く思ってきました。

 

なぜなら、私も料理を仕事にしていますが

料理の面倒くささも、楽しさも沢山経験しているから。 

疲れて帰ってきた方々の、おうちご飯を充実させる事は

大きなミッションでもあると思っています。

 

ところが、お客様との限られたコミュニケーションタイムで

言葉だけではそのよさや、活かし方がなかなか伝わらない…。

 

 

「毎日の、わが家のごはん」を
思い切って、ご紹介することにしました

 

日々感じるもどかしさ。そこではっと気づきました。

「パッと伝わるツール」をつくればよいと!

 

試行錯誤しながら生み出したわが家(黒猫ファミリー)流の

食卓奥義 『どこまでも手間を抜いて賢く美味しいものを作る』を

追求(汗)してきた結果、

短時間で賢くバライティー豊かになったおうちごはん。

 

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170702220158j:plain

 

そこで、

私たちが日々自宅で、自家製品を使って作って口にして

幸福度数が上がったものを厳選し

ビジュアルでパッとわかり、眺めるだけでも美しく、

食欲がわくような

レシピブックと動画を制作することにしました。

 

 

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170702221350j:plain

 

 

THE・実録

 

でも、だからこそ、リアリティをもって

みなさまのお役に立てるものになるはず。

そう信じて、ただいまチーム一丸となって奮闘制作中です。

 

リリースは7月末予定。

どうぞ、楽しみになさっていてくださいね。

 

 

 

続いては

その2 

 

『食堂黒猫のブレンドコーヒー第一弾、完成しました!』

 

意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

食堂黒猫ブレンドコーヒー、今までなかったのですね。

こちらも、わたしたちがずっとつくりたかったブレンドが

ついに形になりました。

 

 

安定感がありながら決して飽きない
魅力のあるブレンドのイメージをスタート地点に

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170706073658j:plain

 

 

毎朝や休憩時間に、何気ない日常のコーヒーとして

安心して飲める、「いつもの味」。

 

 

シングルオリジンの奇抜な個性を生かす表現とは別に

今度はいくつものシングルオリジンの個性を生かしながら

上手に調和を取ります。

バランスと飲みやすさを重視しながら

食堂黒猫らしいオリジナルの風味を表現できました。

 

 

味は、南米の豆独特のチョコレートやナッツを感じさせる

まろやかな甘味と、それを後ろから支える

アフリカの豆特有のデリケートでフローラルな明るさが

バランスの取れた風味を生み出します。

最後まで美しい余韻を持った

(ロングアフターテイスト)の珈琲に仕上げました。

 

スペシャルティコーヒーに最近出会った方々には

フレンドリーな味わい。

スペシャルティコーヒー好きの皆さまにとっても

色んな味の体感と面白いバランスの味わいを

感じ取っていただけるのではと思っています。

 

 

黒猫初・ブレンドコーヒーの名前は
「MI・KE」 です!

 

色んなカラーが一つになって魅力を放つ、

三毛猫がそのイメージにぴったりでこの名を選びました。

食堂黒猫で、三毛、と堂々とお申し付け下さい(笑)。

 

7月1日より「MI・KE」のご用意が整っております。

沢山の方々に黒猫で「MI・KE」を

味わっていただけるのを、楽しみにしています。

 

 

<営業日とご予約についてお知らせ>

 

営業日:金、土、日、月曜日の週4日

営業時間:9:00am-5:00pm(L.O4:00pm)

予約TEL:050-1300-3853

 

※ご予約可能人数は3名様〜となります。

※大変申し訳ございませんが、お返事のタイムラグを避けるため、

お電話のみの予約とさせていただきます。

Facebookからの予約は承ることができませんのでご注意くださいませ。

※通常通り 金、土、日、月曜日の営業。ラストオーダーは16時となっております。

 

※14席のみの小さなお店です。ご予約のないご来店の際、お席のご用意が

難しい場合がございます。まことに恐れ入りますが、団体さまでのご利用に

つきましては、事前予約を頂戴できると幸いです。

 

お願いが多くなり、本当に申し訳ございません!

私たちが提供いたします食体験を、ご来店いただく皆様に

笑顔で味わっていただきたく、ご理解を賜れますようお願い申し上げます。

 

 

 

6/30からのChef's Specialは、ルビーグレープフルーツと、えええ!?のエビの存在が光る冷麺。

 

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170616002607j:plain

こんにちは!

沖縄県首里にあります、「食堂黒猫」です。

 

ただ今お届けしているChef's Special第2弾

『スペインの風を全身で感じちゃえるラムチョップ』。

大変嬉しい事に過半数のお客様から

必ず一皿はご注文いただいております。

 

「(だいたい)月替わり」なことも、

お客様が新しい味に出会っておきたい気持ちや

出会える喜びが増す、ひとつの要因

なのではないかと思っています。

 

Chef's Specialという枠の中で、新しい自分らしさが
生まれてきているのを、日々感じています。

毎月新しいメニューのレシピを一から手がける事は

とても大きな挑戦ではあります。

 

一方、好奇心の赴くまま、もっと成長したいと日々思いながら

新しい料理をすることで、学びや、得られる技術も多いです。

 

 また、優しいお客様がたと、そのお言葉にやる気をいただき

「どうしよう(汗)」より「やりたい!(嬉)」と思えることが多く

お客様にとって、価値ある一皿にする事に

日々、楽しさを感じております。

  

さて、そんなよいコンディションの中、Chef's Special第三弾の

イメージも、研ぎ澄まされようとしています。

 

 

夏といえば冷麺! 6/30スタートの第3弾は、メルボルン風Cold noodleに決定です。

とうとうやってきましたね。

ひんやり冷たい料理の美味しい季節が。

とくに暑い夏は、大大大がつくほどの冷麺ラバーもきっと多いはず。

(もちろん、私も!)

 

メルボルンのカフェでは

今は混ぜ麺やスープヌードルがメニューにあるのは珍しくなく、

趣向を凝らした創作性の高いものが楽しめます。

料理で人気の高いカフェなどでは

ラーメン屋さんのような王道なスタイルよりも、

斬新で面白いものを体験できることが多いと感じていました。

 

そこで、次回のChef's Specialは、

黒猫特製・Cold noodle(冷麺)を体感いただくのはどうか?

と思っています。

スタートは6月30日!です。

 

 

その名も「ブリッブリの贅沢な大海老を使い
トマトとルビーグレープフルーツのタレで食べる
新感覚のCold noodle!」

冷麺と言えど、Chef's specialとして手がけるからには

大海老の創作料理を

ヌードルという形に落とし込む、という方がぴったりきます。

 

まず今回、冷たいタレはかなり悩みました。

ヌードルに絡めても美味しく、そして

ここでしか食べられないスペシャルな仕立てにしたい。

 

トマトベースにするところまでは最初から決めていました。

それを軸に

ノートを開いて、浮かんでいるイメージを頼りに

食材と調味料を少しづつブレンドし

その都度計りながらメモをとって…

夜な夜なレシピ起こしの作業です。

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170616003026j:plain

 

 

夫のクリスと、出来上がった試作のタレに、

麺を絡めて試食してみました。

 

「うん!美味しいね!」

 

でも……。 

ビビッと来る何かが足りない。

 

そこで、きゅうりをすり下ろして加えたり、

はたまたりんごを加えたり、

レモンで全体をまとめてみたり、

今度はライムだけでまとめてみたりしていたんです

(作業台はボールでいっぱいに…)。

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170616004639j:plain

 

それなりに納得できる味なのに

ビビッとこなかったのです。

そう。あともう一ひねり何かが足りない。

 

二人でそれを話していたら、

すり下ろしたリンゴが

トマトのタレでピンクになっているのを見たクリスが突然

 

「ねぇ…ルビーグレープフルーツは?」

と言いました。

 

一度味わってみないとわかりませんので、

すぐにルビーグレープフルーツ(あった)を

絞ったものを加えて味見をしてみました。

 

ビビビッッッッッ!!

 

トマトと綺麗に合う。

口にした瞬間言葉より先に「うなずき」が来る事があります。

まさにそれでした。

「あっ!! これだっ、間違いないわ!」と

後から言葉がついてきました。

 

必要としていた柑橘の酸味は

ライムの強くて苦明るい味や、レモンのまっすぐな酸味でもなく

クリスの閃いてくれた

ルビーグレープフルーツの柔らかい苦味とジューシーさでした。

 

 

料理の創作の道はひょんなことからの思いつきやひらめき、

時に失敗の過程で舞い降り、切り開かれています。

スタート地点では全く見えていなかったり

思いつけていない事がほとんどで、

模索し悩み試行錯誤した結果、新しい料理が誕生することも。

 

こうして夜な夜な二人で掘り下げた

トマトとルビーグレープフルーツの

スペシャルな冷麺ダレが完成しました。

 

 

合わせるのは、メイン食材ならではのこだわり。
全長約22〜25cmの特大ブラックタイガーです。

特大海老は、カダイフ(中東食材。小麦粉と水が原料でつくられ細麺状の生地)で

ぐるぐる巻きにして、ユニークでゴージャスなフライに。

これ一品でも絶大な存在感を生み出すことができました。

f:id:KuronekoOkinawa:20170616003252j:plain

 

合わせて召し上がっていただくものにも手を抜きません。

グリーンパパイヤ、きゅうり、葉野菜、

県産鶏の胸肉をほぐしたものを

チリ、コリアンダーナンプラーなどをベースにした

夏らしい自家製ドレッシングで和えた

エスニッククランチー(しゃきしゃき)チキンサラダ。

 

そして最後に、揚げた・ゆで卵をドンと。

カリッ、ふわっと…この食感がたまりません。

 

 麺ラバーの方々も、そうでない方々も
新しい冷麺の世界を広げていただければ。

 

思っていもいない組み合わせのソースや

これってエビフライ?  冷麺に乗っかっちゃうの??という発見。

様々な面白い要素が詰まった新感覚冷麺を、お店で体感してみませんか。

まるでコース料理のように、沢山の展開がある一皿です。 

はい。一杯というよりむしろ「一皿」です。

驚きのまざった「美味しい」を、今回もお客様と分かち合いたいです!

 

30日のメニュースタート当日

ギリギリまでイメージを研ぎ澄まし

手がけますので、変わる事もあると思いますが

(トップのお写真もまだ、仮の姿です)

全ては今より良くなると信じて、

楽しみにしていてくださいね♪

 

 

 

 

<営業日と予約についてお知らせ>

 

営業日:金、土、日、月曜日の週4日

営業時間:9:00am-5:00pm(L.O4:00pm)

予約TEL:050-1300-3853

 

※ご予約可能人数は3名様〜となります。

※大変申し訳ございませんが、お返事のタイムラグを避けるため、

お電話のみの予約とさせていただきます。

Facebookからの予約は承ることができませんのでご注意くださいませ。

※通常通り 金、土、日、月曜日の営業。ラストオーダーは16時となっております。

 

※14席のみの小さなお店です。ご予約のないご来店の際、お席のご用意が

難しい場合がございます。まことに恐れ入りますが、団体さまでのご利用に

つきましては、事前予約を頂戴できると幸いです。

 

お願いが多くなり、本当に申し訳ございません!

私たちが提供いたします食体験を、ご来店いただく皆様に

笑顔で味わっていただきたく、ご理解を賜れますようお願い申し上げます。

 

「ロメスコソース」から、イメージは広がって。Chef's Special第2弾、完成です。

f:id:KuronekoOkinawa:20170523122917j:plain

 

こんにちは!

沖縄県首里の「食堂黒猫」です。

 

 

沖縄は梅雨ですが、日常を穏やかに感じている今日このごろ。

お店では、頭に浮かんではワクワク施策を繰り返していた

Chef's Special第2弾、スタートしました!

まだ未体験のお客様に、今日は少しでも

頭の中でご想像していただくべく、つぶさにご紹介したいと思います。

 

第2弾は、「スペインの風を
全身で感じちゃえるお料理」となっています。

 

前回のブログでもお書きしましたが

今回のスペシャルを考えるとき、一番に思ったのが、みなさまに

「ロメスコソース」を体感いただきたい!

そのパッションがスタート地点でした。

 

スペインの、スモーキーでチリがピリッと効いた『ロメスコソース』。

パプリカ、ホットチリ、シェリービネガー、

アーモンドミールがメイン材料で

スパイシーなのに甘い!不思議なソースなのです。

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170523122959j:plain

 

ラムラックは、その豊富な栄養ごと
ガツっと召し上がっていただくのがオススメです!

 

そのソースを絡めるのにベストマッチなお肉は、

ラムの最高級部位と言われる「ラムラック」。

分厚く切ったフレンチラムラックをステーキの様にじっくり焼き、

ジューシーさを大切に閉じ込めるために

盛り付けるギリギリまで寝かせてから、スライスしてお出しします。

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170523123055j:plain

 

ラムラックの断面を見ると、いくつかのパーツが集まっていて

腱や綺麗な脂も付いている部位です。

この脂身や腱の部分は、「良質なコラーゲン」!

特に貧血気味になりやすい女性にはせっかくなので

その部分も、ガツっと存分に召し上がって

しっかり体に吸収していただきたいなと思います。

私はオーストラリアで貧血を感じると、よくラムやカンガルーを

食べていてなんとも快調だったので、オススメなのです!

 

付け合わせにもひと工夫!
中国の調理法を組み合わせて、新しいスパニッシュの味へ。

 

付け合わせにも、シンプルながらこだわっております。 

メルボルンの厨房で培った知識の1つ、

茶葉を使った燻製調理=ティースモーキングという調理方法で手がけた

プチトマトの燻製を、冷たいサラダにしてお出しします。

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170523123135j:plain

ティースモーキングは中国料理に用いられる調理方法の一種。

ブラックティーの茶葉とお米でスモーク(煙)を起こし

食材を燻製調理します。

今回は烏龍茶とさんぴん茶葉のブレンドでプチトマトをほんのり燻製にし、

アンチョビとケーパーで、スパニッシュを感じさせる味付けにしました。

 

中国の調理法ながらスモーキーな風味は、スパニッシュ料理に共通するものがあります。

食材の組み合わせで他の国らしい料理になるとは、おもしろいですよね。

こちらの具材をお客様ご自身で、自家製カンパーニュを使ったクルトンに乗せながら

カリッサクッっと召し上がっていただけるようにしています。

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170523123340j:plain

 

スペインチーズを使ったクロケット(コロッケ)は
「コリアンダー」アイオリソースを組み合わせ風味豊かに。

 

もう1つはスペインのマンチェゴチーズを使った、

『ポテトクロケット』(コロッケ)。

その上に乗るのは、コンフィにしたガーリックで仕立てたガーリックマヨネーズに

コリアンダーをたっぷり入れて作った

自家製のコリアンダーAioli sauce/アイオリソース。

お野菜もハニーローストカリフラワー、クランベーリー、りんごと

マイクロハーブのサラダでしっかりとした食べ応えにしました。

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170523123445j:plain

 

美味しいスペインタパスが美しく一皿にまとまったようなこの一皿。

わざわざお店に足をお運び頂く理由になる、魅力的な食材だったり

家ではなかなかできないテクニックが盛り込まれ

どこを食べても喜びに繋がる様にと隅々まで考えこだわり、形にしました。

 

お出ししてからも、お客様の笑顔と驚きの反応から更にたくさんの気付きを

得ることができ、チャレンジするたびに成長させていただける事に

大きな喜びを感じています。

 

お客様のたくさんの、美味しい笑顔にお会いできることを、

これからも楽しみにしております。

 

 

 

<営業日と予約についてお知らせ>

 

営業日:金、土、日、月曜日の週4日

営業時間:9:00am-5:00pm(L.O4:00pm)

予約TEL:050-1300-3853

 

※ご予約可能人数は3名様〜となります。

※大変申し訳ございませんが、お返事のタイムラグを避けるため、

お電話のみの予約とさせていただきます。

Facebookからの予約は承ることができませんのでご注意くださいませ。

※通常通り 金、土、日、月曜日の営業。ラストオーダーは16時となっております。

 

※14席のみの小さなお店です。ご予約のないご来店の際、お席のご用意が

難しい場合がございます。まことに恐れ入りますが、団体さまでのご利用に

つきましては、事前予約を頂戴できると幸いです。

 

お願いが多くなり、本当に申し訳ございません!

私たちが提供いたします食体験を、ご来店いただく皆様に

笑顔で味わっていただきたく、ご理解を賜れますようお願い申し上げます。

 

速報✨次回のChef's Specialは、ラムチョップで「スペインの元気!」を召し上がれ。

f:id:KuronekoOkinawa:20170504210802j:plain

 

こんにちは!

沖縄県首里の「食堂黒猫」です。

 

 

新メニューに切り替わり、はや1ヶ月あまりが経とうとしています。

本当にあっという間。

そして、ただいまゴールデンウィークの真っ只中。

お天気にも恵まれ、楽しいご旅行やアクティビティの合間に

食堂黒猫を訪ねてくださるたくさんの皆様、

本当にありがとうございます。

 

さて、そんなエキサイティングなお休みが明けた頃

次なる「Chef's Special」を登場させようと思っています。

アイディアがやっと形になりそうなので、

これから完成度を上げていくものにはなりますが、

こちらのブログにてみなさまにご報告です。

そして頭の中に浮かんだばかりですので

今回はお料理の写真がなくてすみません!

アイディア出しのワンシーンやその間見ている景色で…(照)

徐々にアップしていきますので、ご容赦くださいね♪

 

第二弾のメイン食材は「ラム」。

ユニークなソースやお野菜とともに、

召し上がっていただきます。

スタート日は…5月19日!です!!

 

最高級部位「ラムラック」と一緒に、絶対絶対
召し上がっていただきたかったソースを告白します

塊で仕入れるのは「ラムラック」。

子羊のロース部分にあばら骨がついた状態のもので

羊肉の中では最高級部位となります。

それを骨ごとにチョップ!!  ←「ぶった切る」という意味です。

シンプル丁寧にグリルしたラムチョップをお楽しみいただきます。

 

※ちなみにこれ、オーストラリアでは『Lamb cutlets』と呼ばれています。

カツレツって聞くとわたしたち日本人は全く違う料理が頭に浮かびますよね。

サクサクのアレを…。

でも、その『カツレツ』も実は、オーストラリアに存在します。

ややこしいですね!

 

 

合わせるソースは「お客様に、絶対絶対召し上がっていただこう!」

と、強く思っていたもの。

 

その名も『Romesco sauce(ロメスコソース)』。

スペイン北東部発祥で、ナッツ、ローストパプリカ、ガーリック、

チリをベースに作られます。

ほのスパイシーでありながら、パプリカの甘みが、

お酢やハーブと一緒に絶妙なバランスで溶け込み、食欲をそそるソースです。

 

お魚や肉料理などに少し伸ばして食べると

「スペイン今すぐ行きたいわ!」

と焦がれちゃうような独特の世界観が一皿に生まれる

美味しいソースなのです。

 

一口にロメスコと言っても、

ナッツがアーモンドだったり松の実だったり、使う調味料が

違ったりなどで、それぞれのお店の味があります。

これも多国籍移民による様々な国の食文化が根付いている、

メルボルンという都市が誇る魅力のひとつですね。

専門のレストランに行かずとも、マルチカルチュアルな

刺激と好奇心溢れる料理はカフェ料理で味わえ、

カフェでロメスコだって日常的に体験できちゃうわけなんです。

 

 

舌に乗せればお口が「スペイン!」。
元気いっぱいになれる一皿をイメージしています。

 

そのロメスコを、グリルしたラムチョップに絡めて食べたら

お肉の甘みはさらに増し、

絶妙なパプリカとスパイスのバランスマジックで

全身にスペインがみなぎるはず。

 

付け合わせは、スペインの代表的なチーズの一つ、

『マンチェゴチーズ』を使った『ポテト クロケット』(コロッケ)に

自家製のAioliソース(ガーリックマヨネーズ)を合わせて、

ユニークなマイクロリーフのミックスサラダをあしらったものです。

 

『マンチェゴチーズ』は羊乳を原料としたまろやかな口当たりの

ハードタイプのチーズ。

このチーズを初めて食べた時、鼻を抜ける独特で美しい

風味の余韻に衝撃を受けたのを覚えています。

 

羊乳ならではの独特な香りとコクが

クロケットを揚げた時の熱で広がり、ビリっとした

舌触りと独特な甘みがたまらない!と思える仕上がりになりました。

 

さて、ラムラック、ロメスコソース、マンチェゴチーズを練りこんだ

ポテトのクロケットに、マイクロリーフAioliときましたが…。

 

 

最後はこの一皿をより魅力的なものにするために、
もうひと仕込み「スペイン!」らしい演出を加えます。

長時間じっくりゆっくり発酵させてから焼き上げた、

自家製のカンパーニュブレッドをスライスして作ったクルトンの上に、

自家製の燻製トマトとアンチョビと、ケーパーのサラダをお乗せしたものを

一緒に楽しんでいただきます。

スペインといえば、アンチョビも外せないんです!

こうして元気一杯になれる一皿が完成です。

 

 

「ロメスコソースっていうのがあるんだ…」

「こんなコク甘なチーズがスペインにあるのね♡」

「燻製トマトとアンチョビのクルトン、お店だと一味違うんだ!」などなど

きっとお客様にとって「初めて」がたくさんだろうな、と

ワクワクした気持ちで試作しています。

 

 

 

メルボルンで様々な国の食文化の影響を受けながら

料理を学べたという宝物のような経験を経て、

ここ沖縄で自分なりに発信させていだけることがとってもとっても楽しいです。

 

そして、ありがたいことに

第一弾(ダックの一皿)を体感いただいたお客様の中には

召し上がった後、ポジティブな言葉が溢れているかたが多くいらっしゃいます。

作り手の熱が、料理を通じてお客様のお心にいろいろな形で響き、

気持ちが溢れていらっしゃる。

私自身そのお言葉に学ばせていただいたことも多く、

またれが、素晴らしい経験となって明日の糧になります。

 

これからも真心をこめて、丁寧に、誠実に。

みなさまが、わざわざ会いにきたくなる

そんな料理に仕上げていきながら

「Chef's special」第二弾、第三弾と回を重ねていきたいです。

 

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170504211340j:plain

そして今日も日が暮れます…

沖縄の空が黄金いろに輝いています✨

 

 

 

<4月からの営業日と予約についてお知らせ>

 

営業日:金、土、日、月曜日の週4日

営業時間:9:00am-5:00pm(L.O4:00pm)

予約TEL:050-1300-3853

 

※ご予約可能人数は3名様〜となります。

※大変申し訳ございませんが、お返事のタイムラグを避けるため、

お電話のみの予約とさせていただきます。

Facebookからの予約は承ることができませんのでご注意くださいませ。

※通常通り 金、土、日、月曜日の営業 ラストオーダー16時となっております。

GW期間中は混雑が予想されます。ご来店の際は、前日までの

ご予約をおすすめいたします。

※14席のみの小さなお店です。ご予約のないご来店の際、お席のご用意が

難しい場合がございます。まことに恐れ入りますが、団体さまでのご利用に

つきましては、事前予約を頂戴できると幸いです。

 

お願いが多くなり、本当に申し訳ございません!

私たちが提供いたします食体験を、ご来店いただく皆様に

笑顔で味わっていただきたく、ご理解を賜れますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

自家製品2 あっという間にお役に立てる『デゥッカ』です。

こんにちは!

沖縄県首里の「食堂黒猫」です。

 

本日は自家製品のはなし その2

『デゥッカ』についてお話ししたいと思います。

 

 

自家製品は「使い勝手・万能性」と「プロの味が簡単に自宅で

体感できる」にこだわり抜いておりますが、

この『デゥッカ』もまた、そんなポリシーをカタチにしている商品

となっております。

 

多くのフーディーズをうならせる『デュッカ』は
メルボルンのカフェに、はなくてはならないスパイス!

f:id:KuronekoOkinawa:20170412131452j:plain

 

『デゥッカ』とは、エジプト発祥の調味料。

名前の由来は、アラブ語で「突き砕く」という意味から

文字通り煎ったスパイスやナッツを、スパイスグラインダーで

ガツガツ砕き、粗めに挽いて仕上げるスパイスミックスです。

辛味はなく、ナッツの香ばしさと、エキゾチックな香りで

食感・風味ともに豊かなことが特徴。

 

そんなデゥッカは、多国籍移民の多いメルボルンで、

レバノンやアラブなど多くの移民からもたらされました。

 

そして、その食材との相性のよさに、

たちまち多くのルボルンフーディーズの舌を魅了。

その後ユニークな食文化としてさらに進化しつつ、

10年前ぐらいから定着しています。

今やスーパーのスパイス売り場に並ぶデゥッカを手軽に買うことができ

カフェや家庭料理になくてはならないスパイスとして根強い人気です。

 

 

また各お店によって、ブレンドする材料は異なっていて

バラエディーに富んだデゥッカを楽しむことができます。

 

私自身、過去に働いてきたメルボルンの人気カフェで、

デゥッカをはじめ、スパイスをブレンドすることは当たり前。

そして、とっても大切にしてきた仕事の1つです。

多国籍入り混じる厨房で刺激を受けつつ長い間仕事ができたのは、

自分で研究し続けていたスパイスワークやハーブ使いのアイディアのおかげと

いっても大げさではありません。

そこでチャンスをつかんだり、たくさんのお客様の笑顔に出会えたりする

きっかけとなったことが、

今もなおスパイスへの興味・探求が続く原動力になっています。

 

 

そして、食堂黒猫を開いている今も、もちろん!

『エジプシャン デゥッカ』という名前の自家製品を手がけています。

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170412131551j:plain

 

めざしたのは「日本のお忙しいママや
お仕事をするかたに捧げる、時短スパイス」。

 

みなさま毎日お忙しいです。

「ていねいな暮らしをしてみたい」とはいえ

毎日毎日、料理だけに時間をかけることは本当に本当に、むずかしい。

私ももちろんそうです!

複雑で面倒な作業をしてできあがる味はお店で体験していただいて…♡

なるべく家庭料理は時短でいきましょう。

 

そのためには、特定の料理を作るために

買い揃えたのち、使うあてを失っちゃうスパイスではなく

いつものお野菜・お肉・魚貝全般、どんな食材にもさっと使えて

バッチリ合う「万能調味料」として成り立たせたいと思いました。

しかも、「プロの味」のこだわりがきちんと生きている

おいしくなーれ、の魔法がかけられるひと振りを。

 

例えば

ただ、スープに入れるだけ。

ただ、オイルコートしたのちお肉や魚介に擦り付けて焼くだけ。

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170412132134j:plain

 

ただ、揚げ衣に隠し味として使うだけ。

ただ、例えば卵やアボガドにひと振りするだけ。

ええい、パンにつけるオリーブオイルにひと振り!

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170412131740j:plain

 

むずかしいことを考えず、もうなんでもかけちゃってくださいね!

 

それだけで

ファーッと料理全体が上品な、深い香りに包まれ

口に入れるとカリコリとした食感が料理をいきいきとさせます。

その豊かな風味が全身に広がり、すっと鼻を抜ける。

体が元気になる・エネルギーが濃くなる。

 

 

そんなふうに

皆さまの「ふつうの・毎日の」食卓を

簡単にプロの味で彩り、

素晴らしくできるものをお届けしたい!と

ブレンド方法、材料、ベストな製法を本気で考えてつくった

スパイスミックスです。

 

f:id:KuronekoOkinawa:20170412131752j:plain

『デゥッカ』の販売を始めて2年近く経ちますが

うれしいことに、

お料理付きの好奇心旺盛なお客様や、プレゼントやお土産として

お求めいただくことが増えています。

 

これからも皆さまのご家庭で、この自家製品が

「あっという間に」お役に立てれば、と考えています!

 

 

 

※まことに申し訳ございませんが、プロダクトは現在お店のみでの

販売となっております。

近々通信販売でもご利用いただけるように検討中です。

 

 

<4月からの新・営業日と予約についてお知らせ>

 

営業日:金、土、日、月曜日の週4日

営業時間:9:00am-5:00pm(L.O4:00pm)

予約TEL:050-1300-3853

 

※ご予約可能人数は3名様〜となります。

※大変申し訳ございませんが、お返事のタイムラグを避けるため、

お電話のみの予約とさせていただきます。

Facebookからの予約は承ることができませんのでご注意くださいませ。

※おかげさませ新メニューが、予想を上回るご好評をいただいているため、

GW期間中は混雑が予想されます。ご来店の際は、前日までの

ご予約をおすすめいたします。

※12席のみの小さなお店です。ご予約のないご来店の際、お席のご用意が

難しい場合がございます。まことに恐れ入りますが、団体さまでのご利用に

つきましては、事前予約を頂戴できると幸いです。

 

お願いが多くなり、本当に申し訳ございません!

私たちが提供いたします食体験を、ご来店いただく皆様に

笑顔で味わっていただきたく、ご理解を賜れますようお願い申し上げます。